サインとリスク

サインとリスク

スポンサードリンク

見つけるサインとは



寝ている間に起こる無呼吸は自分で気づくことはありませんが周囲の人が気づくサインには
激しいいびき
があります。


気道が狭くなると息を吸うたびに狭くなった所が振動して【いびき】を発するようになり、睡眠時無呼吸では【いびき】が止まり呼吸が再開するときに「カッ」という開放音が聞こえるのが特徴的です。


1人暮らしでは自分のいびきに気づく事が出来ませんが
睡眠時間が十分なのに日中の眠気がある
時には睡眠時無呼吸の疑いがあります。


また寝ている間に呼吸が止まると尿を出すホルモンが分泌されやすくなり、夜中何度もトイレに行くようになります。



命の危険も



睡眠時無呼吸症候群になると、激しい日中の眠気によって
  • 仕事のミス
  • 居眠り運転
などが頻繁に起こるようになり、交通事故を起こす割合は健康な人に比べて2〜3倍になると言われており、重度の睡眠時無呼吸症候群の人では
  • 高血圧
  • 脳卒中
  • 糖尿病
の発症リスクが健康な人に比べて2〜3倍になる事がわかっています。


睡眠時無呼吸では血液中の酸素濃度が低下したり回復したりすることで血管がダメージを受け、併せて寝ている間でも交感神経が活発になりアドレナリンが分泌される事により血管に負担がかかってしまい、それが高血圧や脳出血の発症リスクを高めてしまう事になります。


また良く眠りたいために
睡眠薬
を使ってしまうと、薬の効果で筋肉がゆるみ睡眠時無呼吸を起こしやすくなりますので使用には注意が必用です。
スポンサードリンク

02 サインとリスク関連エントリー

01 睡眠時無呼吸のメカニズム
こうしてあなたも睡眠時無呼吸になってゆきます。
03 無呼吸の疑いがある場合には
大きないびきや日中の激しい眠気があるときには睡眠時無呼吸症候群かも?そんな時に病院はどこにかかればいいのでしょうか?
04 重症度に応じた治療法
軽症から重症まで睡眠時無呼吸の治療について
05 もう一つの睡眠時無呼吸
もう一つの睡眠時無呼吸の原因とは?