生活習慣病と網膜の病気

生活習慣病と網膜の病気

スポンサードリンク

-- 生活習慣病と網膜の病気 --




糖尿病、高血圧症、脂質異常症、喫煙、過度な飲酒

など血管を痛めつけることに関しては事欠かない現代社会です。

そのような生活習慣病は「目」にも多大なダメージを与えます。

私達の生活の情報のうち70〜80%は見る事で得られますので、目が見えにくくなる事は生きていく上で大きな損害を受けてしまうこととなります。

生活習慣病は万病の元!


長生きすればするほど

当たり前に体が動くこと
当たり前に見えること

のありがたさは実感するのではないでしょうか。

より健康に長生きするために

いつまでもよく見える「目」の健康維持と生活習慣の改善を日々の暮らしに取り入れるためのシリーズです。


  
   

===================

01 生活習慣の乱れが網膜の病気につながる

02 糖尿病と網膜の病気

03 高血圧と網膜の病気について

04 加齢黄斑変性症について

05 網膜の病気と食事

===================


[放送日] 2014年  4月 21日 - 2014年 4月 25日


[ 講師 ] 瓶井 資弘(かめい もとひろ)先生

大阪大学医学部眼科病院教授

生活習慣病と網膜の病気関連エントリー

01 生活習慣の乱れが網膜の病気につながる
ちゃんと見えていても知らない間に【目の病気】は進行しているかもしれません。生活習慣病になると目も病気になります。しかも自覚症状が無いのでどんどん進行してゆきます。
02 糖尿病と網膜の病気
糖尿病を甘く見ていると視力低下や最悪の場合失明する事になりますよ。自覚症状の無い糖尿病性網膜症について、できるだけ早く治療を開始するにはこのようにしてください!
03 高血圧と網膜の病気について
高血圧を放置しておくと、視力も低下することになりますよ。網膜が一度悪くなってから治療をするよりも、高血圧と診断されたら血圧のコントロールをすることで目を守る事ができます。
04 加齢黄斑変性症について
加齢黄斑変性になりやすい人とそうでない人の違いは?スマホやタブレットなど長期間に渡る使用で加齢黄斑変性を予防する方法とは?
05 網膜の病気と食事の関係
医師が勧める目に良い食事と、目に悪い意外な食事とは?病気や高齢の人ができる目のセルフチェック法とは!?