脳卒中のサインを見逃さない

脳卒中のサインを見逃さない

スポンサードリンク

一時的だからいいや!は命取り



脳卒中になると特徴的な症状がでますが、症状が継続的に出る場合と、一時的で収まる場合がありますが、いずれも重要なサインですので見逃してはなりません。


脳梗塞では、脳内の血管の流れが悪くなり完全に詰まってしまえば詰まった先の脳細胞は死んでゆきます。


しかし血液の流れが一時的に滞って、再び流れが正常になるような場合には症状も一過性のものとなり、症状が収まれば安心してしまいますが、実は脳梗塞が起こる一歩手前の危険な状態にあります。


一過性の脳梗塞の症状として
  • 一時的にろれつがまわらない
  • 一時的に手や足の力が入らない
などを自覚しますが1時間ほどで元に戻ってしまいますので、本人も気に留めませんが、その後48時間以内に非常に重篤な脳梗塞を起こすことがわかっています。



頭痛も要注意



今まで経験したことのない頭痛が起こる
くも膜下出血
では、激しい痛みが起こる前に、もう少し程度の低い頭痛が起こる事があり、頭痛以外の症状として
嘔吐
が伴う場合には、普通の頭痛ではないと考えましょう。



すぐに救急車を



現在は脳血管の治療には様々な方法がありますが、一番大切なのは発症してからの時間がモノを言いますので
何をおいても救急で治療を受ける
事が最善の方法です。


一過性の脳梗塞では症状が治まったら救急車を呼ぶのに気が引ける事もありますが、以下の様な症状を確認した場合には迷わず119番に電話をかけましょう。


アメリカでは脳梗塞の症状を知るのに
FAST
と呼ばれるものがあります。

「F」はフェイス
「F」はフェイスで、顔のゆがみをチェックする方法で、歯を見せてニコっと笑顔を作った時、正常なら左右対称の笑顔ができますが、脳梗塞があると、片方の動きが悪く不自然な笑顔になります。

「A」はアーム
「A」はアームで、手のひらを上にして両手を床と水平に延ばし手見ます。脳に異常があると、腕が内側に回りながら落ちてゆきます。
「S」はスピーチ
「S」はスピーチで、何かの言葉が正常に言えるかどうかで判断できますし、電話をかけて相手と話してみるなどでも異常がわかります。

「T」はタイム
「T」はタイムで、一刻も早く救急車を呼ぶ事と、症状が出た時刻を記録することです。

脳梗塞の治療は発生からの時間で適切な治療方法が異なってきますので、発症した時刻は必ず控えておきましょう。
スポンサードリンク

02 脳卒中のサインを見逃さない関連エントリー

01 脳卒中とはどんな病気か?
脳卒中には脳の血管が詰まるものや血管が破れるものがあり、様々な原因があります。
03 治療とリハビリについて
脳梗塞や脳出血などで脳にダメージを受けた時に行われる治療と、最新治療について。また機能回復を行うリハビリの有効性とは?
04 症状が出ない脳血管の病気
脳血管が詰まっていても症状が出ない時にはどのように対処すれば良いのでしょうか?
05 脳ドックで発症を防ぐ!
脳梗塞や脳出血を未然に防ぐにはコレ!